【堺市中百舌鳥・産後の骨盤矯正】子連れ可・託児もしている『中林整骨院』
堺市の中林整骨院 HOME>産前産後のケアを始めた理由

産前産後のケアを始めた理由

以前はどこにでもある普通の整骨院でした。




以前は,急性のケガやぎっくり腰・首痛・膝痛などの症状を保険診療を
メインとして治療している普通の整骨院でした。


そんなイチ整骨院の治療家が、妊娠中・出産後の治療をはじめたのか
というと、やはりきっかけは妻の妊娠・出産です。



妻も妊娠中の腰痛などの痛み・体調不良でつらい思いをしていました。



そのたびに病院で訴えるものの「そのような訴えは仕方のないもの」と言われ、
病院ではまったく改善させることができないと言うことがわかりました。



それなら、なんとか自分で妻のこの症状をサポートできないものかと
思ったのが、妊娠中・出産後の治療を始めたきっかけです。

病院では骨盤やバランスの管理はできない

妊娠・出産することで、あちこち痛みを訴えている人がたくさんいると
いうのはわかっているはずですが、病院ではほとんど管理されて              
いませんでした。



ではなぜ病院では管理されなかったのでしょうか?



おそらく、骨格そのものをあまり重要視していなかったからだと思います。



医師は母体と胎児の状態を管理する人です。                            
医師が身体のバランスまで管理する必要がないということではないでしょうか。



あくまで、無事に母子ともに出産が終わるまで管理すること。                
これが医師の仕事なんだと思います。



そのため、身体が痛い・体調が良くない…などの症状は、そこまで               
重要視していせん。



だから、病院では、検査上に異常が出ていない以上、「異常なし」と             
言うのだと思います。



当然、重要視していないものを管理することは不可能です。



これが病院では骨盤やゆがみを管理することができない理由です。

柔道整復師は関節のスペシャリスト!

では、検査上どこにも異常がなくて痛みや体調不良などの症状があるかたは
どのようにしたらよいのでしょうか。


ここからが私、柔道整復師の出番なんです。



整骨院で開業している人は皆、柔道整復師という資格を持っています。


この資格を持っている人は、【骨折(応急処置)・脱臼・捻挫・打撲・挫傷】を
診ることが法律で許可されています。


痛みと言うのは、検査上、どこにも異常がなければ、ほとんどが関節の
ゆがみや筋肉損傷などによるものです。


よく「妊娠・出産は病気じゃないから」という方がいます。


確かに病気ではありませんが、病気でなくとも痛みが出ることは多々あります。


一般の方の症状と同じ・いやそれ以上の症状を抱えている人もいます。
それぐらい産前産後というのは身体全体的に不安定になっていくのです。

医師や看護師も意外と知らない!?




産後の体調管理やケアの方法を医師や看護師・助産師の方も 知らない方が
多いのにはびっくりしました。



最近でこそ、トコちゃんベルトや骨盤ベルトがマタニティコーナーでも販売される
ようになりましたし、病院でもベルトをするよう指示されることが増えたと聞きます。



しかし、なぜベルトをしないといけないのか、という本当の理由を知っている方は
あまりいません。
出産後に骨盤のゆがみを解消しないといけない本当の理由を知っている方も少ないです。



医師や看護師でもです。



実際、当院には医師や看護師・助産師の方も治療を受けに来られますが説明を
しても知らなかった…というかたがほとんどです。





本来は妊娠中から正しい知識を持ってもらい、管理することで安産になる
ことが多いし、その後の体調管理も良い方向にもっていくことが可能です。



是非、これから出産される方には、特に妊娠中からの自己養生を含めた
管理をされることをオススメします。

管理することのメリット

長年私が行ってきた治療を応用し、妊娠中・出産後の痛みや

体調不良の方も骨盤や身体のゆがみを整えることで安定(ケア)

させることができました。



実際、妻は3回出産しましたが、

=================================

1人目 陣痛8時間   3,100グラム 予定日1日前
2人目 陣痛1時間   2,700グラム 予定日どおり
3人目 陣痛1時間半  3,300グラム 予定日1日遅れ

=================================

と、全て普通分娩で順調に出産することができました。



3人ともほぼ予定日どおりでしたし、出産後2か月弱で、すでに妊娠前の

ズボンは入るようになっています。



本人曰く、まだもう少し締まりそうとのことです。



骨盤の大きさは、もともとの大きさもあるため、必ず妊娠前よりも

サイズダウンさせるという約束はできませんが、きちんと管理して

いくことで、妊娠前の状態にはなります。



そのためには妊娠中からきちんと管理しておく方が早く戻ります。


=============================

出産後は、おなかは軽くなりますが、育児に追われて大変です。


睡眠不足になることもあるでしょう。

食事もゆっくりとれないこともあると思います。

自分のやりたいこともなかなかできません。



その結果イライラしたり、あちこち痛くなったりだるくなったりもします。


そんな状態では楽しく育児もできないですよね。



私が産後の方や妊娠中の方を診るようになったのは、やはり妻が

大変でしんどそうだったので、何とかフォローできないかと思ったからです。




同じように、出産をして大変なあなたを少しでもフォローできればと思い

日々診療を行っています。



たまには自分の身体のメンテナンスも行い、体を休めてあげてください。


あなたの身体の状態を少しでも良くできるよう一生懸命頑張っていきます。


あなたからのお問い合わせをお待ちしております。