【堺市中百舌鳥・産後の骨盤矯正】子連れ可・託児もしている『中林整骨院』
堺市の中林整骨院 HOME>こんな症状の方が来院されています

産後の尿漏れ

産後の尿漏れ

妊娠中・出産後より尿漏れでお悩みのかたが当院には来院されています。


・妊娠前には尿漏れなんてなかったのに…
・くしゃみをするだけで尿漏れしてしまう…
・子どもを抱きかかえるときに力を入れるだけで出てしまう…
・人には言いにくいのでどうしていいのかわからない…

いろいろな悩みでお困りの方がいらっしゃいます。


しかしあなたのその症状、もしかしたら変化するかもしれません。
実際に当院に来院されている方も継続して通院していただくことで安定している方がいます。


当院が考える尿漏れについての原因を書きましたので
よろしければ参考にしてみてください。

骨盤のゆるみが尿漏れを起こす!?
妊娠前には尿漏れがなかったのに、妊娠中・出産後から尿漏れが
でたなら、膀胱・尿管などの内臓器そのものの損傷か、
骨盤のゆるみが考えられます。

内臓器の問題も十分考えられるので、まずは専門のお医者さんに
相談してみてください。

そこで特に異常が見当たらないと言われたのであれば、骨盤の
問題の可能性が高いと思います。


尿もれの原因
さて、内臓器に問題がなく特に異常がないと言われたあなた。

内臓器に問題がないのであれば骨盤に問題がある可能性が高いです。


妊娠で骨盤はゆるんで、出産で骨盤は大きくゆがみます。
この骨盤のゆるみ・ゆがみが尿漏れに深く関係することがあります。

骨盤がゆるむと腹圧が弱くなります。
腹圧というのは、骨盤を支持するために必要な圧力のことです。


妊娠・出産で骨盤がゆるむことで腹圧が弱くなってしまいます。


腹圧が弱くなると骨盤内にある臓器の圧力が下がるため
緊張させることが難しくなります。


膀胱で尿をためることができるのですが、尿道括約筋という筋肉が
緊張することで尿を我慢することができます。


しかし骨盤がゆるみ腹圧が弱くなると、尿道括約筋の緊張も弱く
なっているため、くしゃみや咳のように瞬間的に力が入ることで
尿が漏れてしまいます。

この尿道括約筋というのは水道の蛇口の役目をしています。
この蛇口をしっかり締めることができないため、急に力を入れたり
すると尿が漏れてしまうのです。

これが尿漏れの原因となります。


尿もれの対応
骨盤のゆるみが原因で起こっている尿漏れの場合、当院で行う対応として

①骨盤のゆがみの除去

②その状態を維持するためきちんと固定をする

③骨盤内圧を高める為に筋力強化を行う


という順番で施術していきます。



1回で軽減する方もいれば数回かかる方もいます。
治るスピードには個人差がありますが、きちんと対応すれば
安定してくると思います。


もしあなたが尿漏れでお悩みであれば当院までご相談ください。