【堺市中百舌鳥・産後の骨盤矯正】子連れ可・託児もしている『中林整骨院』
堺市の中林整骨院 HOME>こんな症状の方が来院されています

産後の股関節症状

産後の股関節症状




出産後より股関節が症状がでる方がいらっしゃいます。


子どもを抱きかかえて立ち上がったと時や、歩いているとだんだん辛くなる、
寝返りをした際に辛い…

症状の出方は様々ですがこのような問題を訴える方は多いです。


たいていの方が妊娠前は問題なかったとおっしゃいます。


ということは原因は出産にありそうだということが推測できます。


出産後より股関節の症状の原因と施術方法を流れを説明したいと
思いますので、よければ参考にしてみてください。

股関節症状の原因はやはり骨盤の歪みだった
股関節という関節は骨盤と連結しています。

出産で骨盤が緩むとその下についている股関節はストレスがかかります。

股関節は、骨盤を支えている軸となっているので、骨盤が不安定に
なればストレスが過剰にかかってしまい、限界を超えて痛みがでてしまいます。


股関節を安定させるためには、まず骨盤を安定させなければなりません。


出産後より股関節が痛くなった方のほとんどが骨盤の歪みが合併しています。

股関節を不安定にさせるもう一つの原因

最近、産後の腰や股関節症状を訴えられる方が多いので、話を聞いていると
産後から骨盤ベルトを巻いているかたが多いように思われます。

緩んだ骨盤を早く締めるために一生懸命骨盤ベルトを締めすぎているのも不安定になっている原因の一つです。

確かに固定は必要です。
広がった骨盤をしめることで骨盤は閉まりやすくなります。

しかし、骨盤のすぐ下の股関節も一緒に締めないために
骨盤だけ締まりすぎて、結果捻れて痛みがでてしまうことがあります。


骨盤ベルト(当院ではサラシ)で固定するなら骨盤だけでなく
股関節も一緒に固定しなければなりません。



締めるのではなく【固定する】。
このことを覚えておいてください。

股関節は安定しにくい?

股関節に症状を訴えて来院されている方は症状が安定しにくい傾向にあります。

股関節は骨盤を支える軸となっているので、出産で骨盤が不安定になると
その下にある股関節も軸が定まりにくくなります。

骨盤がきちんと安定して、さらに股関節が安定することで軸が定まります。

股関節を安定させるためにはまず骨盤を安定させなければなりません。


骨盤をしっかり安定あえることが股関節の症状を早期に安定させる方法でもあるのです。

産後の骨盤は不安定なので、股関節が安定しにくいのはお解りいただけたでしょうか。



施術の流れ

股関節症状の方の施術の流れはこのようになります。


①まず骨盤を正しい状態に戻す。

②骨盤が安定したら続いて股関節も安定させていく。

③その状態を持続できるようきちんと固定する。

④固定がなくても持続できるよう筋力強化をしていく。



股関節の症状だけであっても骨盤の施術はしないといけません。

きちんと管理をして症状の出にくい体作りをしていきましょう。