【堺市中百舌鳥・産後の骨盤矯正】子連れ可・託児もしている『中林整骨院』
堺市の中林整骨院 HOME>妊娠中の方へ

骨盤の重要性

骨盤の重要性
骨盤の重要性


女性の骨盤内には子宮と卵巣があるため、男性に比べて骨盤内の構造が
複雑になっています。



妊娠に備えるためにも女性の骨盤は構造上大きく、広がっている必要があります。
骨盤がゆがんで腹腔が圧迫されると、そのなかにある臓器が影響を受けやすくなります。



また、女性には血液の流れに子宮、卵巣を流れるバイパスがあり、男性と
血液の流れも異なっています。



ですから、女性にとって骨盤内の血行を良くすることは、冷え性の改善のみならず、
子宮、卵巣などの病気を予防することにつながります。



子宮・卵巣の機能低下は、妊娠のしにくさや、早産・流産をひきおこす要因となります。


このほか、骨盤のゆがみは妊娠中の腰の痛みや出産時の産道の広がりにくさに
影響します。


また骨盤内の血行不良は、胎盤形成や胎児の発育に影響を及ぼします。
そのために妊娠前から健康管理を十分に行うことが大切です。




生理痛


子宮は靭帯によって骨盤内に付着しています。


生理時に子宮が収縮するとき、骨盤がゆがんでいると余計に
負担がかかり、腹痛、腰痛、仙骨痛、頭痛などの痛みを
引き起こす原因になります。
痛み


骨盤のゆがみは、腰痛だけでなく、仙骨部や尾骨部、
恥骨結合部の痛み、股関節痛、膝痛などを起こします。