【堺市中百舌鳥・産後の骨盤矯正】子連れ可・託児もしている『中林整骨院』
堺市の中林整骨院 HOME>妊娠中の方へ

妊娠中の腰痛

妊娠中の腰痛


妊娠中は体内のホルモンバランスの変化、ホルモンの働きで、分娩時に
赤ちゃんが子宮口を通りやすいよう妊娠時には、骨盤を形成する靭帯や
結合組織が弛緩し、仙腸関節や恥骨結合などが弛みます。


骨盤の関節が緩み , からだ全体がゆるみ、筋肉がゆるんでいくことによって、
もともと腰が弱かった人や腰痛のあった人は、おなかが大きくなる前、
大きくなっていくに伴い、腰痛が出ることがあります。


また、おなかが大きくなるにつれて子宮の重みを全部、骨盤が
支えていくことになるので、増大した子宮のために重心が前方に移動し、
背中をそらして重くなった体を支えようとしてしまいます。


このために脊柱の前弯が強まり、背部の筋肉や靭帯に大きな負担がかかり、
結果、腰痛の原因となってしまいます。



おなかの出方や大きさ、もともとの体系は人により異なるので、骨盤への負担も人により様々です。

おなかが大きくなると、それが背骨の負担となり、腰痛の
原因に・・・

腰痛は妊婦さんに頻繁にみられる症状なので、腹帯でしっかり腰を支えたり、
体操、ウォーキングなどで体を動かして予防したり骨盤矯正治療を受けて
症状を和らげましょう。