【堺市中百舌鳥・産後の骨盤矯正】子連れ可・託児もしている『中林整骨院』
堺市の中林整骨院 HOME>妊娠中の方へ

腰痛の原因

妊娠中の腰痛の原因

妊婦の約半数が妊娠中に腰痛に悩まされると言われていますが、その原因は、
骨盤の歪み(緩み)背骨のカーブの変化によるものです。


理想の背骨のカーブは、真横から見ると弓上の形状をしています。首と腰が前方に、
そして背中の部分が後方にカーブを描いています。


ところが、お腹が大きくなり、その重みが背骨を支える腰にかかると、妊婦さんは
バランスを取ろうと背中を後ろに反らす姿勢を取りますが、その結果、腰の負担が
より大きくなってしまうのです。


それが、背骨の関節や椎間板に過剰な負担を与えて痛みが発生します。


さらに胎児の成長に伴う身体への変化に対応するために、妊娠中に分泌される
ホルモンが、骨盤の関節を固定している靭帯を柔らかくすることで、関節にかかって
くる負担を軽減してくれるのですが、これが逆に関節の安定感を失わせる結果となり、
姿勢の不均衡をもたらす原因となることもあるのです。

======================================

 
治療方法



これらの症状に対して、当院ではまず骨盤や腰椎のゆがみを取り除いていきます。


さらに産後のケアとしての矯正治療は重要となります。


産後約 半年で、妊娠中に柔らかくなってしまった靭帯が硬くなってくるので、
この時期までに妊娠中にズレてしまった関節を矯正しておくことが、将来の
痛みのリスクを下げるのにとても大切だと言えるでしょう。