【堺市中百舌鳥・産後の骨盤矯正】子連れ可・託児もしている『中林整骨院』
堺市の中林整骨院 HOME>妊娠中の方へ

妊娠中の骨盤

妊娠中の骨盤


女性の骨盤は赤ちゃんを産むために、男性よりも幅が広く、やや低めに位置しています。
また骨盤は1日の間でも開閉していますが、妊娠中はさらにこの開閉が大きくなり、
出産が近くなるにつれて開く幅が大きくなり、出産時にもっとも開く(緩む)こととなります。


もちろん開いた骨盤は通常であれば閉じていき、妊娠前の状態に戻るのですが、
骨盤の開閉がスムーズにいかない人の場合は、産後、骨盤が閉じきらず、
骨盤が開いたままの状態となってしまい、【冷え性・肥満・バストダウン・O脚】
などの症状がでやすくなってしまいます。






特に「大きな赤ちゃんを産んだ・高齢出産」の場合は、骨盤が元に戻るのに
時間がかかる、または戻りにくいと言われています。


こで骨盤が開いたままの場合、骨盤を元の状態に戻すことが大切になります。


産後骨盤が開き、元に戻っていないと思ったら、専門院に診てもらう
ことが必要です。