【堺市中百舌鳥・産後の骨盤矯正】子連れ可・託児もしている『中林整骨院』
堺市の中林整骨院 HOME>出産後の方へ

産後ダイエットに失敗する人

産後ダイエットに失敗する人


出産後は本当は痩せやすいことを知っていますか?

本来、出産後6ヶ月もの間は脂肪が流動的なため、痩せやすいのです。

妊娠中はお腹が大きくなるために、体に負担をかけないように動作が
ゆっくりになります。すると筋肉は衰える一方で脂肪が増えるので、
結果基礎代謝量が低下してしまいカロリーを消費しづらく太りやすい体に
なっています。

出産後も妊娠中の生活習慣が取れないために太ってしまうようです。

また女性が妊娠すると3ヶ月程度から産後数日の間「リラキシン」という
出産がスムーズにできるように骨盤の恥骨部分を柔軟にして産道を広げる
ホルモンが分泌されます。

このリラキシンは恥骨だけでなく、ほかの靭帯も緩めます。

胎児が成長するとその重みで骨盤を支えている靭帯が更に緩み、腹筋も
伸びた状態になります。

腹筋は内臓を守る働きもあるので、伸びた状態を放置させ衰えさせておくと
本来の機能が発揮されず、皮下脂肪を蓄えて内蔵を守ろうとします。

骨盤は出産時に産道を赤ちゃんが通るため広がるため、下半身の血行を
悪くさせ、冷性やこむらがえりの原因になります。

血行がわるくなるということは脂肪燃焼がしにくくなるということなので
決まって下半身太りの症状として現れます。

開いたままの骨盤の中に胃や腸がおちこんでしまい、ぽっこりお腹が出て
しまい、お尻も大きくなってしまうことが多いのです。

骨盤の開いた状態は加齢とともに静脈を圧迫するケースもあり下肢静脈瘤が
できてしまうこともあります。

その予防としてもカロリー摂取の制限だけでなく産後1ヶ月頃からの
骨盤矯正や運動がよいです。

腰痛や肩凝り、内臓疾患、頭痛、めまい、脚のむくみなどと骨盤の歪みと
健康の関係は深いのです。

骨盤は人の土台ですから、血液・リンパの循環、筋肉・神経伝達を
スムーズにするために普段から歪みを改善することが大切です。

骨盤の環境を整えてから基礎代謝アップの努力をしましょう。

詳しくは治療を受けた時に説明を受けてください。


お問い合わせフォームは
こちら