【堺市中百舌鳥・産後の骨盤矯正】子連れ可・託児もしている『中林整骨院』
堺市の中林整骨院 HOME>出産後の方へ

産後の内臓の位置

産後の内臓の位置


おなかの赤ちゃんが大きくなるにつれ、おしっこが近くなったり、
くしゃみでおしっこがチョロッともれてしまったり。
かと思うと3日も4日もうんちが出ない、痔主になってしまった・・・・・などなど、
妊婦の苦労は絶えません。

それもこれも、みんな大きくなった子宮のせい? 子宮とお隣臓器との
窮屈な関係を明かしましょう 。

妊娠前と妊娠中のおなかの中を見てみましょう。
膀胱は子宮のすぐ隣にあります。

妊娠するとどんどん大きくなっていく子宮におされて、膀胱は細長く
扁平になっていきます。

伸びも悪くなって、ためられる尿の量も少なくなります。
だから 1 日に何度も何度もトイレに行きたくなるのです。


妊娠した子宮の影響で、尿管(腎臓から膀胱に続く管)も広がっています。
もともと男性に比べて弱い尿道近くの筋肉(尿道括約筋)も、さらに
弱くなって、しまりがなくなっています。

妊娠中に増えるエストロゲンなどのホルモンの影響なのです。


くしゃみやせきをしただけで、尿もれが起こるのは、妊娠中はある程度
しかたないことなのです。


大きくなった子宮に圧迫されているのは、膀胱や腸だけではありません。
胃やその上にある心臓、肺までも押し上げています。

妊娠前に、縦長に配置されていた胃は、持ち上げられて横位置に近くなります。
そのため、胃液の流れが悪くなって、ぜん動もうまくいかなくなります。

ムカムカしたり、食欲がわかなかったりするのは、このせいもあったのです。
ゲップとともに、吐くような感じになるのは、胃が横になっているために、
胃の中の空気がスムーズに出てこられないからです。


子宮はさらに横隔膜全体を押し上げ、心臓や肺のカタチまで扁平にします。
そのため心臓はときに頻脈や不整脈を起こし、肺活量も小さくなります。

妊娠中はちょっと動いただけなのに、ドキドキしたり、ハアハアしてしまう
理由は、ここにあったのです。


赤ちゃんが子宮を飛び出し、子宮がもとに戻れば、頻尿や尿もれ、
便秘や痔は、たいてい元に戻っていきます。


胃もすっきり、心臓や肺も元の大きさに戻ります。


ただし、妊娠中に症状を悪化させないことが大事です。便秘などは
習慣化するものですし、痔を悪化させれば、産後も尾をひいてしまいます。


出産時には、赤ちゃんを出すために、尿道や肛門、膣まわりの骨盤底筋群と
呼ばれる組織が、どうしてもダメージを受けます。


そのダメージがひどいと、産後の尿もれや脱肛などの原因になります。


骨盤底筋のダメージは、お産のときに分娩の流れをスムーズに進める
ことで減らすことができます。


出産後はできるだけ養生し、産後3週間以降を目安に骨盤底筋群を
強化する運動で、しっかり回復をはかることも大切です


問い合わせフォームは
こちら