【堺市中百舌鳥・産後の骨盤矯正】子連れ可・託児もしている『中林整骨院』
堺市の中林整骨院 HOME>出産後の方へ

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正


お腹の中で胎児が成長してくると同時に、母体の骨盤も開いたり歪んだりしてきます。

お腹の中で胎児が動くだけでも、僅かに骨盤が開き歪んできます。
更に出産予定日が近づくと、ホルモンの影響で子宮口が柔らかくなり、
恥骨結合も少しずつ開き始めます。


この時、赤ちゃんは横向きになり骨盤内に入ってきます。


出産が始まり赤ちゃんが誕生する時、赤ちゃんは母体の背中側へと向きを変えて、
排臨の状態になります。


この時赤ちゃんは、後頭部が恥骨に引っかからない様に、あごをぐっとあげて
恥骨を通過します。


そして、赤ちゃんは横向きになりゆっくりと片方ずつの肩をだし終えると、一気に
スルリと出てきます。


骨盤は、赤ちゃんが誕生するまで様々な動きをすることにより恥骨結合が緩み、
産後の骨盤は必然的に開いてしまうのです。


また、お尻の骨(仙骨)も歪むことで骨盤全体が広がることになります。






産後の骨盤は、緩みきった状態になってしまうのです。



骨盤が開いた状態で何年も過ごすと、太りやすい体質になったり、
ストレスが溜まりやすくなったり、ひどい時には育児に負担が掛かる
厄介な腰痛等の痛み等を引き起こすこともあります。


美容面においては、骨盤が広がることでお尻周りに脂肪が付きやすくなります。


姿勢も悪くなり、同時に垂れ尻の原因や・お尻・ウエストが自然と
大きくなってくることもあります。



「もう歳だからヒップの形が悪くなった・・」と諦めていることは間違いです。


更には、O脚やX脚による脚の変形を引き起こすこともあり、下半身が
太りやすくなったり、膝関節に無理な負担がかかり来的に膝を痛めて
しまうこともあります。


骨盤矯正で産後の骨盤の歪みを正すことで、血液やリンパもスムーズに
循環しだし、筋肉の働きや神経の伝達も自然治癒力が高まることで正常な
状態へと近づいてくるのです。


妊娠中や出産後は、骨盤だけが歪むのではなく、骨盤の底を支える大切な
筋肉「骨盤底」が傷ついたりたるんできたりします。


そのまま放置した状態で過ごしていると、年齢的な筋肉の衰えも加わり
骨盤底が更に緩んだ状態になってきます。


骨盤底が緩んだ状態で過ごすことで、将来「尿もれや尿失禁」の原因
にもなると言われております。


===============================


電話でのご予約は


072-255-0102

「ホームページをみて…」とお電話いただくとスムーズです。

お名前とご希望日時をお聞きしてご予約が完了します。


お問い合わせフォームはこちら